TOP

超絶美人の風俗嬢との熱い一夜の体験談です!

五反田の巨乳ちゃんと風俗で遊ぶ

会社の出張で東京まで行きました。日帰りでもよかったのですが、仕事をがんばっているふりをしてホテル代を出してもらい宿泊付きの出張にしてもらいました。東京へは何回か来ていて、風俗街はいくつかチェックしていました。今日は初めて五反田へ行くことに決めました。五反田はオフィス街というイメージがありますが、オフィス街の反対方向に風俗街があります。キャバクラもありますが、風俗はマニアックなデリヘルが多く、ラブホ、ビジホなど、風俗遊びには便利な場所です。ピンサロやソープもありますが、やはりマニアックなお店が多数軒を連ねているのが五反田特徴です。さすが芸能人ご用達ですね(笑)自分の性癖は、というと…。ノーマルだと思っていますが、巨乳好きです(笑)「五反田 巨乳 風俗」で検索すると専門店がたくさん出てくるじゃないですか。巨乳といってもGとかHではなくDからFくらいが好みです。柔らかすぎず弾力があって、挟んでくれる大きさがベストです。早速見つけた五反田のお店でリクエストをし、ホテルで待機をしていると、すぐに風俗嬢がやってきました。Aちゃんといい、21歳。Fカップだそうで思ったよりデカイ(笑)巨乳を拝んでから包んでもらい、両手でモミモミ。ボリュームは文句なしです。巨乳はデブがたまにいますが、Aちゃんのウエストはキュッと引き締まっていてスタイルはとてもいいです。ベッドでさらにおっぱいを堪能してからいよいよ挟んでもらいます。シコっと1回しただけで我慢汁が出てきてしまいました。これは長持ちできそうにありません。おっぱいでシコシコされているうちに、あっという間に発射してしまいました。最高に気持ち良いです。フェラや素股もしてもらいたいので回復を待ちます。Aちゃんのアソコをいじっていると、すぐにびしょびしょになってきたので、ペロペロしてあげました。みるみるうちに元気が戻ったので、そのまま69の体勢になり一緒に逝きました。なかなかのテクニシャンで大満足の五反田デリヘル体験となりました。



やっと射精のウェイブが来てくれて

がんがんちんぽを突っ込んでも嫌がるどころか、より一層イラマチオ気味にガッツリくわえ込んでくれるピンサロ嬢です。都内・T川のピンクサロンのフロア内の五分前のアナウンスはとっくの昔に聞き流し、終了のアナウンスを二回ほど聞きましたよ。まだまだ悔いが残る不発だったので、風俗嬢に「延長って出来ないの?」と聞いたら、「うん、出来ると思うからちょっと待ってて」とブラウスとかスカートとかを本格的に着ないまま、軽く羽織るような格好で、スタッフのとこまで聞きに行ってくれました。その姿がまたエロくてエロくてエキサイトしました。ちんぽを勃起したまま待っていると、厳つい強面のスタッフが現れ、延長プレイ代金の¥8500を集金されました。って延長のほうが基本料金より高いのか・・なんて思いましたけどここはもう後戻りはできません。ものの数分でピンサロ嬢が戻ってきてくれて、続きを始めました。さんざん濃密プレイを繰り返してやっと射精のウェイブが来てくれて精液どばばっと発射できましたよ。


熟女でも若く見えるんです

都内某所の109の近くにあるセクキャバのお店は雑居ビルの3Fです。立地がいいので高いかなと思う人もいるかと思いますが、普通くらいでしょう。安くはないですけど、この値段だと女の子の質がすごくいいと思うんです。年配のいわゆる熟女から20歳にも到達していない女の子までいろんな世代の女の子がいるので楽しいですよ。指名とまではいかなくて年代をリクエストしたら応えてくれるのが親切でとても気に入っています。ですから順番なんかは決めることはできないのですけど、若い女の子と熟女を選択してみました。すると一人目が若い女の子でこのチョイスはスタッフもグッジョブですよ。最初はトークで盛り上がりたいですからね。そのお店でも一番という賑やかな女の子が来てくれて楽しいひとときでした。3番目の女の子が熟女で40歳くらい?ミニスカートが痛いかなと思ったのですが、スラッとした綺麗な脚でそれはそれでセクシーですよ。それにもっと若く見えるのは照明のせいもあるかもしれません。